“ハッピーストーリー”をたくさんつくってまいります。(前半)

posted in: ハタラク対談 | 0
Share on LinkedIn
Pocket

919_taidan_banner_top

2016年4月、QUICK USA, Inc.の新President & CEOに就任した冨井博司が語る、新生QUICK USA, Inc.。今回は前半、後半の2回にわけてご紹介します。前半では株式会社クイックに入社した経緯から日本での勤務についてです。

 

Tomii Profile2016

冨井博司
HIROSHI TOMII(President & CEO)

 

 

“ハッピーストーリー”をたくさんつくってまいります。(前半)

QUICK USA, Inc.

社長紹介・ご挨拶

 

 

(菰田)まずはご挨拶からお願いいたします。

 

(冨井)はじめまして、4月にQUICK USA, Inc.のPresident & CEOに就任いたしました冨井博司でございます。この場を借りましてご挨拶させていただきます。私達は創業から「関わった人全てをハッピーに」という経営理念のもと、「ヒト」と「情報」に特化したサービスを提供して参りました。今年の4月1日より重責を担い、身が引き締まる思いではありますが、これまでの経験を活かし、当社および当社グループのさらなる成長と発展を実現していく所存です。今後とも、皆様のご愛顧とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

 


 

QUICK USA, Inc.について沿革など簡単に説明をお願いします。

 

(冨井)QUICK USA, Inc.は日本の株式会社クイック(東証一部:4318)の初の海外拠点として1999年にニューヨークにて設立されました。以来、全米で人材紹介サービス、人材派遣サービス、人事労務アドバイザリー、人材教育支援(マネジャー研修、異文化研修など)を提供して参りました。2006年にはロサンゼルスに支店を開設し、現在はニューヨークとロサンゼルスの2拠点から全米の日系企業様に対して人材総合サービスを提供しております。また、昨年2015年にはメキシコのアグアスカリエンテスにQUICK GLOBAL MEXICO, S.A. DE C.V.を子会社として設立し、メキシコの日系企業様の採用のお手伝いをしております。

 


 

株式会社クイックについてご説明をお願いします。

 

(冨井)株式会社クイックは1980年に設立しました。リクルーティング事業においては、これまでのべ8万社を超えるクライアントに対して求人広告、教育、組織活性化、人事労務コンサルティングまで人材総合サービスをワンストップで提供しています。また、人材紹介事業では、登録いただいている転職希望者と求人企業のマッチングを図る登録型の人材紹介サービスを提供しております。このほか、日本国内グループ会社としては、日本最大級の人事・労務に関する情報ポータルサイト「日本の人事部」サイトの企画・運営、「HRカンファレンス」の開催をはじめとする「日本の人事部」ブランドのイベント等の企画・運営および人材ビジネス企業のWebプロモーション支援を行っている株式会社アイキュー。北陸および新潟で地域情報誌の出版、ポスティングおよびコンシェルジュ(対面相談サービス)を行っている株式会社カラフルカンパニー。人材派遣、紹介予定派遣および業務請負を行っている株式会社キャリアシステム。大阪での保育士の派遣サービス並びに保育所の運営を行っている株式会社ワークプロジェクトがグループ会社となります。

 


 

株式会社クイックとの出会いはどのようなものだったのでしょうか?

 

(冨井)出身は兵庫県神戸市で、立命館大学卒業後、1997年に株式会社クイックに入社しました。当時は就職活動中の学生に対して就職に関する冊子やDMが自宅に届けられていました。ある日、株式会社クイックからDMが家に届いたんですね。封を開けてみたらB4サイズのリーフレットが入っていまして、「エキサイティング&デンジャラスな会社」という大きく書かれたキャッチコピーが目に飛び込んできました。エキサイティングというのはわかりますが、デンジャラスな会社って一体どんな会社なんだろうって興味が湧き、入社試験を受けることにしました。最終の社長面接で「いずれ独立したいんですけどよいですか?」と聞いたところ、面白い奴だということで内定を頂きました。実は既に大手企業から内定をもらっていたんですが、「個性を尊重してくれる」「出る杭は打たない」というような社風が、面接で感じられとても好印象をもちました。先にもらっていた内定をお断りして、クイックに入社することにしました。

Mr Tomii1-interview

HIROSHI TOMII(President & CEO)× KUMIKO KOMODA(聞き手)

 


 

これまでの経歴を教えてください。

 

(冨井)入社してからは、大阪のリクルーティング事業部に配属となり、リクルート社の発行する求人メディアの広告営業として大阪地域のお客様の担当をさせていただきました。当時の中途採用は現在のようなインターネットのメディアより「とらばーゆ」や「B-ing」などの紙媒体が中心でした。毎日100件程度の飛び込みや電話営業をして、随分鍛えられましたね。そして探客した採用予定の企業様から求める人物像をヒアリングをした上でより効果的な採用ができる媒体を提案、広告の制作は社内に制作の部門がありますので、クライアントと制作スタッフの間に立ち、コーディネートもしていました。時には出稿間際でアクシデントが発生するなど、デンジャラスな経験もたくさん経験させていただきました(笑)。

 


 

クイックでの転機は?

 

(冨井)入社5年目の27歳の時に、学生時代からの夢だった起業をしようとクイック代表取締役社長の和納にその旨を伝えに行ったところ「お前はまだマネジメント経験が足りない。営業所をつくる予定があるのでそこでマネジメント経験を積みなさい」とアドバイスを貰いました。そして2002年、株式会社クイック初の営業所である新横浜営業所の立ち上げを命じられました。その後所長として、営業から採用、マネジメントまで守備範囲は広かったですね。6名体制で始めた営業所でしたが、5年間で36名の規模まで大きく成長しました。ところが、リーマンショックで大きく縮小せざるをえなくなってしまいました。社員が離れていく中、自分も責任をとらないといけないと考え、全ての役職をおりることにしました。2回目の転機ですね。そうこうしている内に、事業企画室へ異動となりました。この部署は、当時クイックの海外事業展開などを企画する部署で当時は、自らの新たなキャリアの形成のため、海外の拠点へ赴任する準備などをしていました。

 


 

その時にニューヨークに研修でいらしたんですね。

 

(冨井)そうです。QUICK USA, Inc.のニューヨーク本社での6カ月間の研修をしながら、次の海外拠点開設のためのリサーチを行っていました。海外旅行はしたことはありますが、長期で住むのはニューヨークが初めてでした。6カ月ほどの滞在でしたので、最初はシェアルームを借りました。部屋にあった小さなベッドのようなものに寝ていたんですが、朝起きたら全身蚊に刺されたような赤い腫れ物ができていました。出社してみんなに話すと「ベッドバグではないか?」と。当時ニューヨークではベッドバグが大量に発生し、大変なことになっていたんですね。日本から部屋探しをしていたので、なかなか情報が入ってこなかったんです。また後から聞いたのですが、そのベッドはなんと前の住人が飼っていたシェパード犬のベッドだったようです(笑)。別の部屋を探しましたがすぐ簡単に見つかるものではなく、結局一泊は野宿をするはめに。その後、住まいはなんとか新しいところが見つかりましたが、今度は陽の入りにくい部屋だったせいでしょうか、暖かくなるにつれ小バエが大量に発生しまして。。。短期間ではありましたがお蔭でニューヨークの住宅事情に詳しくなりました(笑)。旅行ではわからない、いかに現地に根付き、現地を知る事が重要かを痛感し、かなりタフになりました。

 


 

ニューヨークではどのようなことをされていましたか?

 

(冨井)QUICK USA, Inc.は人材紹介サービス、人材派遣サービスを中核として事業を展開していますので、日々の仕事を通じて業務に精通していきました。また、日々の業務と並行して、次の海外拠点設立に向けてリサーチもしていました。当時、株式会社クイックには、海外の拠点としては米国、中国、ベトナムの3カ所にありましたので、第4番目となる海外拠点の候補地をニューヨーク側からリサーチしていました。ブラジル、シンガポール、カンボジア、ミャンマーなどの候補地を経済面・政治面などさまざまな角度からマーケット調査を行っていました。そして6カ月にわたるニューヨークでの研修を終え、日本へ帰国しました。その時は、ブラジルかカンボジアか?さて、次はどこに新しい拠点を設立するのだろうと大きな期待を胸に秘めていました。
   (後編へつづく)

 

 

★QUICK USA, Inc.についての関連記事

“ハッピーストーリー”をたくさんつくってまいります。(後半)

教えて!2016年のアメリカの日系企業の採用状況について

 

 

 

QUICK USA, Inc.

【New York Office】
551 Fifth Avenue, Suite 620, New York, NY 1076
Phone:212-692-0850
E-mail:quick@919usa.com

 

【Los Angeles Office】
1995 W.190th Street, Suite 102 Torrance, CA 90504
Phone: 310-323-9190
E-mail: quickla@919usa.com


【取材・原稿】
QUICK USA, Inc.
Kumiko Komoda
551 Fifth Avenue, Suite 620, New York, NY 10176
Phone:212-692-0850
Email:quick@919usa.com

Share on LinkedIn
Pocket